紳士

効率良く会計士に転職するなら|公認会計士試験に合格しよう

誰でも受験可能

婦人

合格までの長期的な計画を

公認会計士になるためには公認会計士試験に合格し、国家資格を取得する必要があります。この公認会計士試験は、司法試験に次ぐ難関だといわれていますが、受験資格には年齢や学歴が一切関係がありません。そのため、別の業種でキャリアを積んでからの転職として会計士を考える人もたくさんおられます。働きながらの資格試験勉強は大変ですが、会計士を目指すのに遅すぎるということはないのです。ただ、国家試験が難関であるため、合格までに長期的なスパンで展望を持つことが大切です。会計士になるには、大きく分けて三段階を踏む必要があります。第一段階が、毎年行われている公認会計士試験に合格することです。この試験では、会計に関する様々な分野つにいて問われます。「会計学」「監査論」「租税法」「企業法」の必修科目の他、「経営学」など選択科目もあります。これらについて、マークシートで答え、この試験に合格した人だけが、後日論文式の試験を受験することができます。合格率が10パーセントを切る試験なので、働きながらの転職を考える人にとって、この試験が一番の難関であるといえます。隙間時間をなくし、コツコツと計画的に学習を進めましょう。試験に合格した人は、第二段階として、実際に会計業務の補助をし、実務経験を積みます。監査企業や会計を専門的に行っている企業に就職して、実務的な技能や知識を身に着けるのです。この実務経験を積む期間は2年以上と定められています。そしてそののち、日本公認会計協会が行う修了考査に合格すれば、はれて公認会計士として登録することができるのです。転職が一般的になった現代、転職を支援する制度やビジネスも多く存在します。それらを有効に活用し、いくつになってもあきらめない気持ちをもって挑戦していくことが大切です。

ウーマン

多くの人に注目される仕事

大道具は、映画撮影や舞台上演などに必要な背景装置を作る仕事です。作った物は短い期間しか使用されませんが、多くの目に触れる機会があることで独特の達成感が得られます。求人は主として専門家集団である美術制作会社から寄せられます。

女の人

経験が重視される

施工管理の仕事の採用の時に、一番重視されるのは経験です。この仕事の経験が豊富な方は採用されやすくなります。大きな会社だけではなく、小さな会社も候補に入れましょう。小さな会社だったら、自分の経験を活かせますし、自分が中心になって働けます。

運転手

必要な免許を把握しよう

ドライバーにはタクシー・トラック・バスと様々な種類のドライバーがあります。それぞれ求人で求められるものが決まっていますが、タクシーでは2種免許、トラックでは大型免許、バスでは大型2種免許などが必須要件となっています。